どんな時でも僕らサポーターは信じ続けます。また一緒に笑える日が来るまで『共に闘おう』

 

∑(紫熊)~ビッグアーチ満員計画~

10< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>12
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 20:41:08 «Edit»
2008
03/03
Mon
Category:今日のサンフレ

ゼロックススーパーカップ 鹿島戦 

サンフレ2-2鹿島(PK4-3)
得点者:49' 本山(鹿島)、52' 野沢(鹿島)、80' 久保(サンフレ)、85' 佐藤寿(サンフレ)

めでたくタイトルは取れたものの、試合では収穫半分、課題半分だった気がする。
戦術面はまだまだ完成度が低いな、と感じた。サイドでボールを保持したときにそのまま上がってクロスを入れるのか、それとも中の人間に渡して中央からこじ開けるのかはっきりしない場面がいくつかあった。中途半端なプレーをして高い位置でボールを奪われるとカウンターに持ち込まれるのでどっちにするのか明確にすることが必要になってくるだろう。こういう細かいミスも相手が鹿島だったので露骨に際立ってしまったような気がする。J2で戦う上ではこれくらいの細かいミスはご愛嬌かもしれないが、もう少し一つ一つのプレーを大切にして欲しい。

収穫は何と言っても2点のビハインドを追いついたことだろう。
去年までならリードされた場面であまり上手く攻めることが出来ず、反対に上手く守られるケースが多かった。しかしこの試合では一つの采配が流れを変えた。攻め手を欠いていたあの場面での久保投入はあれより早すぎても遅すぎてもダメというような絶好のタイミングだったように思う。久保にボールが収まることで攻めに人数をかけることができ、セカンドボールを拾ってあの時間帯に二次、三次攻撃につなげられたことが大きかったと思う。また、途中出場したユキッチはパスセンスがあることを証明してくれた。久保のPKにつながったあのスルーパスは鹿島のDFも意表をつかれたことだろう。
寿人のゴールは彼の持ち味でもあるポジショニングが非常によかったからこそ生まれたゴールだった。決して綺麗なゴールではなかったがキーパーの反応できないコースにきっちり決めた、まさに執念の同点弾だったように思う。

しかし、試合を落ち着いて振り返ってみると荒れた試合になってしまった。
審判の判定は絶対だが、あまりにも審判が目立ちすぎてはいけない。正直なところジャッジにも一貫性がなく、不安定なジャッジだったと思う。サッカー協会は今回のことを教訓にし、こういう大事な試合には比較的ジャッジの安定しているレフェリーを選ぶとか、レフェリーの教育をもっと徹底して欲しい。
そして、試合終了後に一部の鹿島サポーターがピッチに乱入したが、これは決してあってはならない行為であると思う。ああいうのを見ると、周りの人間は非常に不快になる。厳しい処分が適用されることを切に願う。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。