どんな時でも僕らサポーターは信じ続けます。また一緒に笑える日が来るまで『共に闘おう』

 

∑(紫熊)~ビッグアーチ満員計画~

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 12:51:43 «Edit»
2007
12/09
Sun
Category:今日のサンフレ

J1J2入れ替え戦 京都戦 

サンフレ0-0京都
得点者:なし

終わった。しかも最悪の結果で。
試合自体は悪くなかった。むしろ良かった。だからこそ、このチームが来季J2で闘うことが今でも信じられない。
終了のホイッスルを聞いた瞬間、自然と涙が出た。前回02年に降格が決まったときは泣きもしなかったのに。あの時はサンフレが降格の危機に瀕していることを、確かその前の柏戦あたりで知ったと思う。「まぁどうせ1年でJ1復帰するだろう」と思っていた。あれから5年。当時根っからの野球少年だった僕が、サッカーの試合を見て泣いた。そうさせたのは「サンフレッチェ広島」という1つのクラブだった。

降格したことを受けて、もしかしたらチームを出て行く選手があるかもしれない。でも僕は逃げない。たとえ今後何年J2にくすぶろうとも、またいつの日か昨日のように三たび降格する日が来ようとも。僕はサンフレッチェを愛している。世界のどんなクラブよりもサンフレッチェが好きだ。

でも好きな気持ちだけではやはりなんともならない。自分はチームのために何が出来るのだろうか?
やはり「信じる」ことだと思う。
信じないことには何も始まらない。僕らファンが選手やチームを支えることをやめてしまえば、今後少なくとも10年はJ1復帰できないと思う。そうならないためにも、僕らは信じ続けて、声を出し続けることが必要だと思う。

さっきも書いたけど、たとえ三たび降格する日が来ても僕はサンフレを応援し続ける。でも、こんな日はやっぱり二度と来て欲しくない。だから来年死に物狂いで戦い抜こう。そして絶対に、何が何でも1年でJ1に戻ろう。
まだ天皇杯も残っている。天皇杯ではぜひとも優勝を目指してやって欲しい。そして天皇杯のタイトルを引っ提げて、胸を張ってJ2へ行こう。そして必ずやJ1に戻って、三度目の正直、今度こそ本当にJ1で優勝できるチームになろう。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。