どんな時でも僕らサポーターは信じ続けます。また一緒に笑える日が来るまで『共に闘おう』

 

∑(紫熊)~ビッグアーチ満員計画~

05< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>07
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 22:49:58 «Edit»
2007
12/02
Sun
Category:今日のサンフレ

34節 G大阪戦 

サンフレ2-2G大阪
得点者:'7 佐藤(サンフレ)、'27 バレー(G大阪)、'80 二川(G大阪)、'89 槙野(サンフレ)

これがサンフレッチェのサッカーなんだよ。
結局昨日も勝てずに9試合勝ちなしでレギュラーシーズンを終えることになったけど、昨日の試合は過去の8試合と比べて最もサンフレらしさの出たゲームだったと思う。駒野→寿人という調子がいいときの得点パターンで先制できたのは今後につながると思うし、ロスタイムに同点に追いつけたのもあきらめない気持ちでチームがひとつにまとまっていたからだと思う。

そして昨日の試合は若手の活躍なしには語れないと思う。
新聞で若手主体のメンバーで臨むということを知ったとき、不思議とこれは上手くいくんじゃないかと思っていた。それは相手がガンバであったとしても。こういうときの予感というものは意外に当たるもので、勝利という結果は得られなかったものの、サッカーの楽しさを再確認させてくれた。主力メンバーで結果が出ない中で、若手のこういう生き生きとしたプレーはチームに活気を与えることもまた証明したんだと思う。彼らのプレーを見て、昨日出れなかった主力が「これは俺もうかうかしてられない」と思えれば、チーム内での競争意識もあがっていくと思う。

泣いても笑っても残り2試合ですべてが決まる。
昨日の結果を踏まえた上でも、必ず残留してくれると信じている。
昨日は優勝争いをTVで見ながら、来年こそは最終節まで注目されるチームになって欲しい、いや、ならなくちゃいけないんだと強く思った。そのためにはまず目の前に立ちふさがる分厚い壁をぶち破らなくてはならない。チームに関わる人間みんなで勝利を勝ち取って、来年につなげていかないといけないと思う。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。