どんな時でも僕らサポーターは信じ続けます。また一緒に笑える日が来るまで『共に闘おう』

 

∑(紫熊)~ビッグアーチ満員計画~

03< 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>05
このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--
Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --    com: --
Posted on 22:09:41 «Edit»
2007
09/16
Sun
Category:今日のサンフレ

25節 浦和戦 

サンフレ2-4浦和
得点者:'12 田中(浦和)、'23 長谷部(浦和)、'37 永井(浦和)、'40 ウェズレイ(サンフレ)、'82 森崎浩(サンフレ)、’84 ワシントン(浦和)

負け惜しみかもしれないけど、昨日の試合は勝てた。
「今季最高の観客動員だったのに負けた」とか「ピチブーPK失敗」とか暗い部分ばかりがクローズアップされているが、この試合で得たものはとても大きかったと思う。スコアだけ見れば4失点して負けた試合だが、完全に歯が立たなかったわけではない。サンフレが奪った2点も相手の足が止まってから奪った半ばプレゼント的なゴールではなく、しっかりと相手を崩し、流れの中から奪ったものだった。これは十分評価に値するものだと思う。なお、シュート数だけで見ると、浦和の10に対し、サンフレは14。このことから見てもしっかりと攻めの形を作って相手を押し込んでいたことがわかる。ただ、それだけに決めるべきところを決めないとこのような試合になるということも同時に痛感したはず。
それに所詮負け試合は負け試合。収穫があったといっても、それを上回る量の課題が存在する。今の課題はいかにムダな失点を減らすか。これは開幕当初から口喧しく言っていることだが、開幕から半年経つ今になっても改善の跡は見られない。むしろそのおかげで失点数がリーグワーストという悲しい現実に直面している。無駄な失点を減らさないと、昨日の試合後に寿人が語っていたように、「何点取っても勝てなくなる」という悪循環に陥りかねない。
この試合で見つかった課題を生かすも殺すもフィールドに立つ人間次第。徐々に下位の足音が迫ってきているだけに、次節の甲府戦は是が非でも勝ちを取りに行かなければならない。
スポンサーサイト
 コメント 
 コメント投稿 
管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。